Kids House LUANA

~こどもたちに無限の可能性を~

 発達障がいというとても外見では判断できないこどもたち、ダウン症などの先天性の病気を抱えた子供たちがたくさんいます。

 私たちは、障がいを持つ親として兄弟として支援者としてサポートをしていきたいと思っています。

 こどもたちが、社会へでて自由に翔ばたくことができるように私たちが信じ寄り添っていきたいと思っています。

​「こどもたちの可能性は無限大です」

ひとりひとりに合わせた療育を行います。

​その子のニーズに合わせ、言語や体幹、学習面など支援計画に基づき各専門員が担当させていただきます

月に2~4回で予約制にはなりますが

​STによる言語訓練も行います

集団行動に向けての訓練を行います

保育園や幼稚園、学校、社会人になっても集団行動は避けようのないものです。

​少しでも対応ができるよう支援していきます。

​ 人間の最大限の情報源である視覚のトレーニングを行うことで脳の活性化を促し、様々な能力向上を目指していきます。

通称「ソーシャルスキルトレーニング」

​ 社会でほかの人とかかわりながら生きていくために欠かせないスキルを身に着けていく訓練を行います。

通称「体幹トレーニング」

​ 発育の基礎となる体づくりを行います。体づくりのほかに脳の活性化、集中力の向上、自律神経の改善といったメリットがあります。

通称「リトミック」

​ 基本的な音楽能力を伸ばすとともに、身体的、感覚的、知的などこれから受けるあらゆる教育を充分に吸収し、それらを足がかりに大きく育つために、個々が持っている「潜在的な基礎能力」の発達を促します

好きなことを見つけよう

自分に合った好きなことを見つけるチャンスは少ないものです。きっかけ作りを行い、自信につなげることができるよう支援いたします。

​例:ピアノ、サッカー、書道、プログラミングなど

リラックスし安心して過ごせるように

​子供の知能因子を刺激し、知能の土台作りをしていきます。また、精神状態を安定させる効果があるためリラックスすることができます

療育内容

​その他サービス

​保育所等支援

  • 専門スタッフが保育所等を訪問し、次のような専門的支援を行います。

    1. 障害児本人に対する支援:集団生活適応のための訓練等

    2. 訪問先施設のスタッフに対する支援:支援方法等の指導等

  • 訪問は、障害のある児童の支援に関する知識及び相当の経験を持つ児童指導員・保育士・理学療法士・作業療法士・心理担当職員等が担当します。

保育所、幼稚園、小学校、特別支援学校、認定こども園、その他児童が集団生活を行う施設に通う障害のある児童で、その施設を訪問しての専門的支援が必要と認められた児童が対象です。

​家庭訪問

 月に一度ご自宅に訪問し、近況や利用状況から目標や療育内容を詳しく共有していきます。

悩みや不安も話していただき改善策を一緒に考えていきます。

​対象:希望者のみ

​送迎

 指導員または専属の運転手により、自宅や保育園、幼稚園や学校にお子様を送迎させていただきます。

 

​※時間帯や場所により対応できない場合がございますので、一度ご相談ください。